東海光学 眼鏡事業サイトに戻る

遠近両用をかけると形が変わって見えるのはなぜ?

累進形状(遠近・中近・近用WV)のレンズは下方に行くにつれ、近くにピントを合わせる力が加わる、という特性があります。この力が大きくなるほど、より近くにピントを合わせることができますが、同時に見ているものが「拡大して見える」効果が強くなります
従って、上方で見るときに比べ下方で見るほうが大きく見え、例えば四角が台形に見えるような現象が発生することがあります。

レンズをより薄型のものにしたり、メガネのフィッティング等で多少軽減することはできますが、そもそも物理的な現象ですので完全に解消はできません。
慣れていただくか、どうしても気になってしまう場合は、遠近両用ではなく焦点距離に合わせた単焦点メガネの掛け替え(複数所持)という選択肢になります。

カテゴリ : 3.メガネレンズについて

こんにちは。お客様相談室です。
困ったときにはぜひ、お問い合わせ下さい。お待ちしております。
問い合わせフォーム

検索

アーカイブ